【施設運営レポート】Work × Vacation = Workation

【施設運営レポート】Work × Vacation = Workation

運営のこと

こんにちは、運営担当のグッドネイバーズワタベです。

ワーケーションという言葉をご存じでしょうか?リモートワーク、リモートオフィスに近い意味もありますが、バケーションのように地域に滞在し、地域の観光や食文化を楽しみながら、いつもとは異なる環境で仕事も行なう新しい働き方のキーワードといえます。

先日、ある企業の皆様が仙台よりお越し頂き、まさにワーケーション合宿を平野邸 Hayamaで行なっていただきました。

前日夜に葉山入りして頂き、翌日の朝からはエンジョイワークスの取り組みや運営施設をご案内いたしました。

まずは平野邸 Hayamaの施設内を改めてご案内。お馴染みの弊社事業企画、濱口(黒シャツ)がご説明。
濱口教授、今日も話がキレキレです。
こちらは逗子桜山シェアアトリエSAQLAB
葉山公園に寄り道
海を眺めながら、葉山のライフスタイルなども交えてお話する濱口教授。
続いてCanvas Hayama Parkの見学
こちらは濱口大先生の設計です。
平野邸の戻ってからのランチ。
食べながらもすぐにPCを開いてのお仕事。
この日は葉山のお弁当やさん「ICHI」に事前注文。
ランチの間、こちらではミーティングや撮影の準備
弊社動画部部長の「王子」こと江口くん。
今回のワーケーション合宿の取材で撮影に来ました。
縁側での撮影スタートです。
今回のワーケーション合宿に至る経緯などをお話して頂いた株式会社N’s Createの代表取締役丹野さま
仙台を拠点に不動産に関するデザインやコンサルティング事業をされています。
午後からのミーティングにもお邪魔し、撮影させていただきました。
しっかり撮れよ、OJI

今回はマネージャー層のミーティングを兼ねたご利用で、もともとエンジョイワークスの取り組みもご存じでいらしたようです。

実際の施設などを体験したいという事で、平野邸 Hayamaでの合宿を選んでいただけたとの事でした。

お話を聞いて感じたことは、ワーケーションで行く地域には、単にバケーション的な観光資源や食文化だけでなく、自分たちの本業のヒントになるようなコンテンツがある事が大切なのだという事。

働く場所を変えるだけでクリエイティブな発想が鋭敏になると思いますが、運営スタッフとしてお客様を迎える私たちとしては、ワーケーションで滞在されるお客様の仕事の刺激になるようなコンテンツを準備することが重要と感じました。

夕方になりキッチンでは何やらお食事の準備が

滞在先の楽しみと言ったらやはり「食」です。

葉山の美味しいレストランにご案内するのもいいですが、平野邸のキッチンを使い、地元の食材でおもてなしさせていただきました。

あまりにいい写真がたくさん撮れたので続きは次回に引っ張ります!!

【グッドネイバーズについて】
グッドネイバーズでは、宿泊施設、シェアオフィスカフェなど運営を行ない、民泊を始めとしたあらゆる「場」の開業のサポートも行っております。
施設運営に興味のある方、ぜひお話を聞かせてください。
開業、運営サポートのご相談も承ります!!
また、ぜひグッドネイバーズで働いてみたい方も合わせて募集しています!
お問い合わせはこちら
↓↓↓
http://good-neighbors.link/business/